生活保護を受けるための受給条件とは何か

生活保護を受けるためには受給条件というものがあります。 この受給条件を満たしていなければ、生活保護の申請をしても受給を受ける事ができません。 この生活保護を受けるための受給要件について詳しく説明していきたいと思います。 厚生労働省の生活保護に関するホームページにおいて受給条件が記されていますのでご紹介しましょう。 まず生活保護の申請にあたり世帯員全員が、その利用し得る資産や能力などのあらゆるものを最低限の生活を維持するために活用している事が前提であるという事が記載されています。 つまり、簡単に言ってしまうと生活するためのお金が本当に何もなくなった状態でなければ生活保護は受けられないという事です。


具体的にいうと、生活に利用していない預貯金や家屋や土地がある場合は生活保護は受けられません。 まずはこれらの資産を活用して生活を続け、それでも経済的に困窮している場合には保護を受ける事ができます。 自動車の所有も資産を持っているという事になるため、保護を受ける場合には手放さなくてはならないのが原則です。 また、世帯員の中に働くことが出来る人がいる場合も生活保護は受けられません。 ただし、給与が一般的な水準よりも低い場合には、扶助費から給与を差し引いた不足分をもらえる場合もあるようです。

それ以外にも年金や手当など他の制度を活用することにより給付を受けられるものがあれば、そちらを優先しなければなりません。 また親族などからの援助を受ける事ができる場合にも、まずはそちらを優先しなければなりません。 これらの受給条件を満たした上で、初めて申請が受け付けられるのです。 その後、世帯の収入と厚生労働大臣が定める基準で計算された最低生活費を比較して、それでも世帯の収入が低いと認められた場合は受給が認められます。 生活保護の受給要件が何故これだけ厳しいのかといういうと、生活保護はあくまで最低限度の生活を保障するための最後の砦だからです。 さまざまな方法や手段を活用しても尚、経済的に困窮してしまった場合にのみ利用できる制度だという認識を持たなければなりません。

 
生活保護マネジメント このページの上に戻る

生活保護マネジメント TOPへ戻る


Copyright(c)2011 生活保護マネジメント. All rights reserved.