生活保護を受けることで考えられるメリット

生活保護を受けるためには厳しい受給要件と制約が必要だと言われています。 しかし本当に保護が必要だという人にとってはメリットが多くある制度でもあるのです。 ここでは生活保護を受けるうえで考えられるメリットについてご紹介していきましょう。


生活保護を受ける最大のメリットは、生活するために必要な金銭的な援助を受けられるという事です。 つまりお金の心配をしなくても衣食住を満たすことが出来るのです。 生活に最低限必要なものが国や地方自治体から保障されることになるので、安心して生活をすることが出来るのです。

ところで一般的に生活保護というと生活費を現金で支給されるというイメージがありますよね。 勿論それも間違いではありませんが、現金の支給以外にも生活保護では様々な給付を受ける事が出来ることをご存知でしたか。 例えば、病気になってしまった場合の治療費も生活保護を受けることで無料となります。 経済的に困窮した人の中には、健康保険料の支払いが滞っている人も多く病院を受診したくても出来ないという方が多くいます。 そういった方でも生活保護の受給を受けることで、国民健康保険の脱退手続きが行われ保険料を支払わなくても無料で治療を受ける事ができるようになるのです。 経済的に困窮した人の中には、生活費の中から治療費を捻出することができずに病気や怪我が悪化して働くことが出来なくなったという人も多くいます。 そういった人にとって、この生活保護は生活再建のための手段として大いに活用することができるでしょう。

またこれ以外にも生活保護では、介護扶助や出産扶助、住宅扶助などの様々な扶助が受けられるようになっています。 これらは世帯の収入によって一部、もしくは全てを受ける事ができます。 いずれにしてもお金がなくても必要な扶助を受けられるので、これも生活保護を受けるメリットとして捉えても良いでしょう。

生活保護中は税金も免除され公的負担も軽減されるようになっています。 生活保護で支給されるお金も税金の対象外となっていますし、公私立学校の授業料は免除、水道料金も免除、JR料金も割引されます。 生活全般に必要なお金の心配がほとんどなくなるので、生活保護を受けることで気持ちが楽になったという人も多いようです。

 
生活保護マネジメント このページの上に戻る

生活保護マネジメント TOPへ戻る


Copyright(c)2011 生活保護マネジメント. All rights reserved.